東京では畑を借りて農業を始めるサラリーマンが増えていますが、本業があると2足のわらじは大変です。
最近は何でも屋という便利なサービスがあり、畑作りを手伝ってくれます。
ネットで検索して調べてみると、何でも屋の数が多いことに驚きます。
比較的近いエリアでサービス内容がよいところを絞り込んでいくと、優秀な何でも屋を見つけやすいです。
東京は人口が多いこともあり、何でも屋が活躍できる土台があります。
ホームページをチェックしているとユニークな会社が多くサービスも多彩です。

畑は最初の環境整備が大変

畑は最初の環境整備が大変です。
土作りは農業の基本で、美味しい野菜を作りたい場合は最も重要です。
初心者の場合は、肥料などの扱い方についてもベテランの人に教えてもらうことが多いです。
野菜作りは土が大切で、よいベースを作るためには3つのポイントがあります。
水持ちや通気性、水はけがよく酸度が適切であることが重要になります。
3つの条件が揃っていれば、初心者でも野菜作りを楽しめます。
肥料の保水性やバランスなどは育てたい野菜によって異なります。
土の酸度については酸度測定液があれば簡単に調べることができます。
旨みのある野菜を作るには肥料選びが大切で、土地にあったものを選びます。
土作りに使われている肥料は主に3つあります。
有機質肥料は自然由来のもので、腐葉土や堆肥が有名です。
腐葉土は保水力と通気性が高く植物が育つ環境を快適に保ちます。
堆肥は微生物のエサになり、土に混ぜると微生物が有機物を分解してフカフカになります。

何でも屋さんは農業にも強いのか?

サラリーマンと農業を両立させるために何でも屋さんに手伝いを頼む場合、農業をある程度知っていることが条件になります。
東京でも郊外になると農業の経験者が増え、その中には何でも屋を営んでいる人もいます。
農業の経験がある人なら、土作りの方法から道具の使い方まで丁寧に教えてくれます。
何事も基本が重要で、農業も基本を頭にしっかりと叩き込んでおけば大丈夫です。
農業で必要なツールといえばシャベルや鍬、スコップが必要になります。
土を掘り起こす作業は何でも屋さんに手伝ってもらった方がいいです。
ひとりでやろうとすると、腰を痛めるリスクが高くなります。
肥料を投入するのも手伝ってもらいます。
有機物を土に入れることは、品質のよい野菜を収穫するために必要不可欠です。
酸度を中和する場合は石灰を撒きます。
肥料を投入したら、何でも屋さんと一緒に鍬を使って混ぜておきます。
野菜を守るために仕上げの際には土を殺菌します。
土作りが上手くいくと、野菜にとってよい環境が生まれます。

おススメホームページ
東京で農業を始めるならこちらに相談『何でも屋SUN』
HP:http://何でも屋sun.jp/